忍者ブログ
猫と遊佐未森とおいしい物好きなタカムラの生きてます日記
[278] [277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は家から徒歩10分の高槻現代劇場に行って参りました。
ゲルハルト・ボッセ指揮の「田園」と「ヴァイオリン協奏曲」の
演奏があったのですよ。

管弦楽は今話題の(笑)大阪センチュリー交響楽団。
って言っても大阪のみの話題かと思われますけど。

ボッセっちゅードイツ人の86歳のおじいさんはなぜか高槻在住でして。
ヴァイオリン奏者→指揮もするって感じの人なのかな?
おいらはクラシックは詳しくないので詳しく知りたい人は→コチラ

ヴァイオリン独奏は郷古廉(ごうこ すなお)くんというこれまたイケメン少年が
メチャクチャきれいなヴァイオリンの演奏をしてくれたんですが、
おいら高校生くらいかなーとか思ってたら、どうやら中学3年生でした!
うへぇ~。
メンデルスゾーンのヴァイオリン独奏、メチャメチャ良かったよ!
ヴァイオリンの音が素人が聴いてもものすごくきれいな音だったんだけど
これも後でプログラム見たらストラディバリウスだった・・・2度びっくり。
ってかおいらの耳は良い耳だ!とか言ってみたり。アホですな。
なんにせよ、行って良かった!って思えるコンサートでした。

そういえばボッセがトークで言ってたんだけど、
第二次世界大戦中のドイツのライプツィヒ音楽院で勉強していた時は
ナチスの命によりメンデルスゾーンの音楽は演奏できなかったそうな。
って聞くと・・・・そうか、メンデルスゾーンはユダヤ人だったんだなぁと
想像できてしまうのですが、後で確認したらやっぱりそうでした。
どうも音楽院に建ってるメンデルスゾーンの銅像もナチスが一晩で撤去しちゃったりして
ライプツィヒの市長が抗議の辞職したりしたのを見てきたんだそうな。
wikiでメンデルスゾーンの項目見たらその事件のってたからある意味歴史の生き証人だな、ボッセ。


いやまぁ、今年は市民オーケストラ聴きに行ったのが縁で(日記はコチラ
いくつかクラシックのコンサート聴きに行ってるんですけど
生で聴く演奏っていうのは本当にいいですね。
家の近くに小さいながらも劇場があるってのも行きやすいんだよなぁ。
ホールが小さいし地方のせいもあるんだろうけど、お値段そんなにしないし。
本日のチケット代はお一人様3000円でございます。


また機会があれば行きたいな






PR
この記事にコメントする
お名前
カラー
メール
URL
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お~芸術の秋満喫~

生の演奏は空気も感じれて素敵だよね

そういや清流は学生時代楽器やってたから
素人とは違う楽しみ方があるんだろうね

この前ショッタカのおばちゃんが
朝のテレビにでてて
おぉー!って気持ちを共有したかったよ(ノω`*)ペチッ☆
あい 2008/09/22(Mon)08:18:25 編集
いらはいませ
あいちゃんおひさw
そういえばホルンを少々吹いていた時期もありましたなw
少々なんでおいらの楽しみ方も素人ですよんw
だいいち演奏途中で船漕いでるんだからさ~(笑)

>この前ショッタカのおばちゃんが
>朝のテレビにでてて
>おぉー!って気持ちを共有したかったよ(ノω`*)ペチッ☆

ええっ!朝のテレビに出てたの?なんでだ?!
まだあるんだなぁ、ショッタカ
おいらの11歳下の妹もあの学校卒業してもう4年ですよ、姐さん。
時が経つのは早いねぇ。
【2008/09/23 00:09】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
訪問回数
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
タカムラ
性別:
女性
自己紹介:
現在仕事が忙しすぎて
ろくに写真が撮れません。
ブログ更新もままならない・・・
がんばります
時計
ブログ内検索